くせ毛や茶髪のお子さんには

くせ毛や茶髪のお子さんには

子供の頃は学校の校則などがあり、ヘアスタイルの部分で守らなければならないことは多いと思いますが、それぞれの子供ごとに、生まれつき髪が茶色かったり、またカールがかかっていたりととくに人工的に染めたり、パーマをかけたりしないまでも自然に校則にそぐわない子供も多いかと思います。

 

 

もしくせ毛や個性的な髪の色の子供で悩んでいる、それで学校で目立って仕方がない場合、その修正をする、もしくは学校を変えるなどの工夫も保護者にとっては悩ましいところです。ときにはそうした見かけの違いがいじめや仲間はずれに繋がることがあるからです。

 

 

実際、親としては悩むかもしれませんが、できれば子供の自然の個性は伸ばしてあげたいし、無理に人に合わせる必要もない、と思う場合、見かけなどにこだわらない自由な校風の学校に入れることも考慮にいれてあげるといいでしょう。個性的であるのはいいことなのですから。子供が悩んでいたら、しっかりその悩みに向き合える保護者でいたいものですね。